将軍塚

将軍塚といえば京都の市街が一望できる夜景のメッカ、デートスポットとしても有名です。Comp8のOB会メンバーには、かつて学生時代、セリカやサニーでここにつれてこられた人もいるのでは?

ところでこの「将軍塚」ですが、駐車場および展望台付近にはなく、北に100mほどいったところにある「将軍塚 大日堂」の中にあります。この大日堂は先日の記事にある青蓮院の別院です。
画像

門をくぐって入るのは無料ですが、庭園にある将軍塚にたどり着くには、拝観料がかかります。

これが将軍塚です。
画像

青蓮院のHPによれば、和気清麻呂の勧めに従って、この地に平安京建都に着手した桓武天皇が、都の鎮護のために、高さ2.5メートル程の将軍の像を土で作り、鎧甲を着せ鉄の弓矢を持たせ、太刀を帯させ、塚に埋めるよう命じられたそうで、これが、この地を「将軍塚」と呼ぶ由来です。ちなみにこの将軍とは「坂上田村麻呂」という言い伝えもあります。

この大日堂拝観料は500円ですが、庭園と将軍塚だけではなく、もう一つの名物のおかげで十分元が取れるものです。それは庭園内にある展望台、駐車場そばの展望台より格段にすばらしい京都の眺めが堪能できます。
↓パノラマ写真にチャレンジしてみました。(クリックで拡大します!)
画像

もう少し右の方まで目を向けると比叡山山頂まで見えていたのですが・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

CELICA
2008年10月05日 16:12
懐かしの将軍塚ですね。おんぼろセリカで(野郎ばかりでしたが..)トワイライト~夜中しか行った覚えがないので、デイタイムの眺めは新鮮ですね。
こうしてみると、京の町がなだらかに北から南に向かって傾斜しているのが俯瞰できます。中央にある緑地は御所、右手のは下鴨の糺の森でしょうか。
2008年10月05日 23:43
もう少し右に視線を移した写真を追加しておきます。
ここからは五山の「妙法」、「舟形」、「左大文字」、「鳥居形」も見ることができます。東山の大文字が見えないのは残念ですが。11月1日から12月7日まで大日堂庭園の夜間特別拝観があり、紅葉がライトアップされます。京都の夜景とあわせて見に行きたいものです。