皇后盃 第28回全国都道府県対抗女子駅伝

第28回を迎える都道府県対抗女子駅伝、今回から皇后から下賜された優勝カップが授与されることになり、大会名称に「皇后盃」とつきました。
画像

84年の第2回大会、ビルの屋上から見た故・佐々木七恵選手の17人抜きの走りはいまだに目に焼き付いています。一人別次元の走りでしたね。

この大会に先立って、西京極競技場では少女ミニ駅伝が行われます。2人1組で1.5kmの周回コースを2周します。
画像

このイベントには番宣で倉科カナも来ておりましたが、写真は控えます。
都道府県対抗ということで、競技場周辺には各県人会がいろんな屋台を出しており、これがちょっとした楽しみです。
画像

コースを走りながら中継映像を送るロードレース専用の中継車、これが2台とバイクが3台、レースを多角的に伝えます。
丸い球体は防振台付きのカメラ、これのおかげで揺れずに安定した映像が撮影できます。
画像

大会のスタートは12:30、スターターは山田京都府知事。
画像

バックストレートを走る第一走者たち、一緒に走るカメラマンも大変です。
画像

今回は地元・京都の6連覇なるかが最大の注目点でした。
残念な結果でしたが、アンカーのがんばりで3位に入ったのは見事。郷土の期待を背負って一生懸命走る姿は美しいものです。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

いぅこ
2010年01月18日 10:58
途中30分位でしたが少し見ていました。テレビを見ている時は選手ばかりを見ていますが、よく考えてみるとその選手を追いながら放送を出す裏方さんも本当に大変ですよね。テレビ局の労力は重々承知しておりますが…。改めて認識しました。
MI
2010年01月18日 17:02
去年は西京極にスタートを見に行き、屋台で楽しみました。京都は残念でしたが中学生の走りには感動しました!!