天満宮の蝋梅(ろうばい)

1月25日は初天神、参道には約一千の露天が並び、朝から晩まで大変な人出でにぎわいます。
しかし、夜8時をすぎるとその喧噪もいずこやら、ライトアップされた社殿を独り占めです。
画像

画像

まもなく梅の季節、境内には50種、約2000本の梅がありますが、その中でも早咲きの珍種とされる「蝋梅(ろうばい)」が見頃になっています。
画像

「梅」という字が入っていますが、正確には梅はバラ科サクラ属、蝋梅はロウバイ科ロウバイ属で、別種でした!
画像

天満宮の梅のリストにも入っているし、つい先ほどまでは梅の一種と思っていました。
画像

いわれてみると花の咲き方や花びらの形など、違いは大きいですね。
画像

そう思ってみると、木の幹や枝も全然違いますね。
画像

これからの主役、紅梅、白梅も開花しているものが多くなってきました。
2月に入ると梅苑も公開され、3月中旬までの見頃を迎えます。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

カヨヨン
2010年01月26日 22:08
ろうばい,綺麗に撮れていますね!上手!さすがです!私,先々週,北鎌倉でろうばいをたくさん写しましたが,難しくて・・。綺麗に撮れません。
しかも,ろば梅という梅?(じゃないってこと?)は,初めて知りました!この歳になって初めて知った面白い梅?でした。