五山送り火 ~広沢池からの鳥居形~

夏休みの帰省の途中で京都に立ち寄ったのが8月16日、五山送り火の日です。
画像

昨年は船岡山から五山送り火を見ました(→こちらの記事)。ここからは右の「大文字」、「妙法」、「船形」、「左大文字」の4カ所が見えますが、「鳥居形」は見ることができません。今回は広沢池の灯灯籠流しとあわせて、鳥居形を見ようと思った次第です。
画像

灯籠流しは池の南にある偏照寺の行事です。夕刻、池の西隣、児神社では灯籠流しの準備が行われています。
19時過ぎ、灯籠流しが始まりました。
画像

灯籠は次第に増え、緩やかな風に流されて池全体へと広がっていきます。
画像

池に浮かぶ無数の灯籠は何とも美しく、幻想的な眺めでした。
鳥居形の点火は20時20分、
画像

灯籠の大半は風に流され、灯籠ごしの鳥居形は期待したような映像にはなりません。
画像

北西からの風に流され、灯籠は池の南東部に集結です。
画像

画像

広沢池からの鳥居形、ほかの送り火は見えませんが、灯籠流しとのコラボがとても印象的な夏の一夜でした。
画像

画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

celica
2010年08月29日 00:16
幻想的な光景です。
日本の古からの原風景といった感じもします。
失いたくないですね、我が国の文化を。
いぅこ
2010年08月30日 09:09
灯篭も鳥居形も本当に綺麗ですね。ご先祖様を大切にする気持ちはいつまでも続いているのですね。
2010年09月01日 00:22
広沢池からの鳥居形、すばらしい情景でした。写真ではわかりませんが、灯籠流しの間、ずっとご詠歌が流れてきます。これもまたお盆らしい雰囲気を醸し出していました。
2020年02月28日 22:35
灯籠きれいですね。
集結してるのより、まばらに(間をあけて夜に)浮いてるの雰囲気あるなーっておもいました。
だいぶ前に五山をモチーフにしたお豆腐があったそうです。
短い記事ですが、よろしければみてください。