額縁で楽しむ宝筐院

嵯峨野、清涼寺のそばにある宝筐院です。
画像

門を入ると何とも色鮮やかな世界が広がっていました。
画像

赤に縁取られた黄色の紅葉、きれいでしたね。
画像

ちょうど見頃で、庭中にクォリティの高い紅葉があふれていました。
画像

ここでの一番の楽しみ方は本堂の中から見る紅葉です。
画像

正面の入り口ごしに見るのがやはり一番すばらしい眺めで、正対して撮りたいところですが・・・
画像

ひっきりなしに人の出入りがあり、これがやっと。
画像

人がとぎれるのをねらっている多数のカメラの前でもお構いなしに座ったり、記念撮影をしたりする人たち。
ちょっと周りを見渡せば、みんなが気持ちよく楽しめるのですけどね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

celica
2010年12月20日 23:04
まだまだ京都には名前さえ知らない紅葉の名所が沢山あるのですね。
MI
2010年12月23日 23:40
去年も行き損ねたのにまた行けなかったのですが、ここで写真がみられてよかったです。門の外からは全く紅葉の様子がわからないんですよね・・・・素晴らしいことがわかったので来年は必ず行くことにします!!
2010年12月26日 21:53
>celicaさん
実は私も宝筐院のことは今回のルート検討しているときにとあるブログで知りました。しかしここは嵯峨野散策のメイン道路にあるので人がすごいのです。
>MIさん
確かにここは外からは中の様子が全くうかがい知れません。しかし門を入るといきなりきますよ!