テーマ:京都の食

創業540年 本家尾張屋

東京からのお客さんを連れて烏丸二条近くの蕎麦屋・本家尾張屋へ。 ここは寛正6年(1465年・応仁の乱の前年)に、菓子司として始まり、その後そば処としても有名になり、江戸時代には御用蕎麦司として宮中へそばをつくりに伺うこともしばしばあったそうです。 この日いただいたのは名物「宝来そば」。さらにちょっと奮発して八寸付としました。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

隠れ家中国料理

町屋の立ち並ぶ西陣の一角、車も通れないような細い路地、黒門通です。 この通りの奥にあるのが「隠れ家中国料理 美齢(めいりん)」です。 見てのとおり小さな店なので、予約は必須でなかなか入れませんでした。 ここは2008年6月にオープンしたそうで、ホテル出身のシェフとアルバイトの女性の二人で切り盛りしています。 メニューは西…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

西陣 鳥岩楼

京都の自宅から歩いて5分、今出川を一筋あがった五辻通に西陣 鳥岩楼があります。かつては西陣の旦那衆が夜な夜な宴会を繰り広げていたであろう老舗の料亭です。 その名の通り、鳥料理が専門で、鳥水だきが名物ですが、店の外観はいかにも、といったたたずまいでちょっと敷居が高そうです。 中にはいると庭の横を通って奥の二階に通されます。手水鉢に…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more