テーマ:

雪の妙満寺

2/14、雪の朝。嵐山から岩倉の妙満寺へと向かいました。 ここの見どころは「雪の庭」と呼ばれる庭園です。 清水寺・成就院にある「月の庭」、北野にあったとされる「花の庭」とともに「雪月花の三名園」と称されていたそうです。 妙満寺はもとは寺町二条にあったもの。 都市化による環境悪化をきらって、昭和43年にこの地に「雪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

嵐山・雪景

2/14、早朝の嵐山です。 金曜日の夜から朝にかけての積雪が予想され、早起きで出かけました。 年末年始にはかなりの積雪があったものの、なかなか都合があわず、ようやく雪の京都に来られました。 まっすぐに目指したのは嵐山公園展望台からのこの光景。 もう少し積雪が多ければ言うことないのですが・・・ 川べりにあるの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

雪の「かやぶきの里」

2月の上旬、積雪の期待をもって、美山町・かやぶきの里へ向かいました。 JR山陰線・日吉駅から南丹市営バスを乗り継ぐこと3本、ようやくかやぶきの里に到着です。 雪はかなり残っていたものの、かやぶき屋根の雪はほとんど落ちていたのは残念。 ちょうどこの日は「雪灯廊」というライトアップイベントの最終日。 観光客も多かった…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

銀閣寺・雪景

2月8日の雪の朝、清水寺に続き銀閣寺へ。白砂を盛った銀沙灘、円錐形の向月台も雪で真っ白。 池越しの東求堂、造営当時から残る遺構として国宝に指定されています。 順路にしたがって、小高い丘に登ると・・・ 銀閣寺の境内が一望できます。 端正に並んだ屋根がきれいですね。 こうしてみると同じ雪景色でも華やかな金閣寺と…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

清水界隈雪景色

2月8日の朝、雪景色を求めて清水界隈へ。 この日、関東は歴史的な大雪でしたが、関西は予想されたほどは積もりませんでした。 八坂の塔の横を通り、産寧坂を上がって清水寺へ。 清水寺は平成の大修復中、屋根の覆いなど「障害物」が多数。 舞台から見た子安の塔、モノトーンの中に朱塗りの塔が鮮やかに引き立って見えます。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

雪の高山寺

1月半ばの雪の日、金閣寺のあと向かったのは栂尾・高山寺です。 昼過ぎでも、ここまでくると雪もまだしっかりと残っていました。 国宝、石水院。鎌倉時代からの建造物です。 「廂の間」に置かれているのは小さな善財童子像。 南面の額縁で見る雪景色。四季それぞれの趣があります。 最も奥まった場所にある金堂、江戸時代寛永…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金閣寺・雪景

1月の半ば、京都市内に降雪の予報。ちょうど日曜日、どこに行くべきか・・・ 前夜からそわそわしながら、早起きして向かったのは、やはりここ。 雪の金閣を見られたのは2度目になります。 今回のテーマは広い画にこだわって撮ること。 ちょうど青空にも恵まれ、素晴らしい光景となりました。 青空が広がるとともに、水面がこ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

大徳寺・高桐院の雪景色

7日の日曜日、雪の金閣を見た足で向かったのが大徳寺・高桐院、まだ雪が残っていました。 せっかくなので少し時機を逸しましたが、記事にしておきます。 紅葉の時期とは一転、モノトーンの落ち着いた世界です。 同じアングルの紅葉時期の写真はこちら。 庭の一角にあった手水鉢、加藤清正が朝鮮王城羅生門の礎石を持ち帰り、細川三斎…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

雪の金閣寺

前回の記事で雪の金閣寺に朝いちで、と書いたとたんに昨日の京都はうっすらと雪化粧。しかし所用のため動けず残念に思っていたところ、昨夜の雪の様子では今朝はもっと積もると見込んで早起きです。 開門30分以上前に着いたのですが、すでに総門前には行列が・・・ さらに開門直前には遙か彼方、黒門あたりまで長蛇の列! 受付を済ませて中に入…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more