テーマ:京都を歩く

京都一周トレイル ~完全踏破~

京都一周トレイルも第6回、ついに完全踏破を果たしました! 前回(→こちらの記事)清滝まで歩いており、最終回は嵯峨野・嵐山を経て上桂までのコースです。 スタートしてしばらくは清滝川の清流に沿って、新緑を楽しみながら歩いていきます。 保津川との合流点付近、目の前に保津峡の絶景が広がります。川の流れの色も変わりました。 保津川…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

京都一周トレイル 第5回 ~京見峠から清滝~

前回道を間違えたことから、予定した高雄まで行けず、京見峠で中断(→こちらの記事)、第5回は鷹峯までバスで行き、歩き始めました。 光悦寺の参道も新緑がまばゆいばかりです。 鷹峯から京見峠までは、車の多い府道ではなく、長坂越という古道を歩きます。 京見峠からトレイルコースに戻ります。ここからの区間は9月末から11月までマツタケ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

京都一周トレイル 第4回 ~二の瀬から京見峠~

桜も一段落、歩くによい季節となり、昨年11月以来の京都一周トレイル再開です。 今回は叡山電鉄二の瀬から高雄まで行くつもりでスタートしました。 いきなり夜泣峠まできつい登りが続きます。その後緩やかなアップダウンを繰り返して向山山頂に着きました。 ミツバツツジ?ごしに南の方に眺望が開けています。 山の中腹にあるのは宝ヶ池の京…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

上醍醐への長き道のり

29日の月曜日、午後から京都は雪が降りました。すでに桜のシーズン真っ盛りというのに、一時は積もるのではないかという勢いの雪でした。明日朝には雪と桜のコラボか!という期待はちょっと無理みたいです。 さて、醍醐の花見を切り上げて上醍醐へ行ってみることにしました。弁天堂のちょっと先が登山口で、入山料600円をお納めして歩き出します。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

京都一周トレイル 第3回 ~大原から二ノ瀬~

京都一周トレイル、前回は大原・戸寺まで来ました。第3回はどうせならともう少し足をのばして大原・三千院からスタートすることにしました。 宸殿から見た往生極楽院は定番の眺めですが、苔に埋もれるように置かれたわらべ地蔵も有名です。 バス停から三千院までは土産物屋がぎっしり、秋の観光シーズンで人出も多く、歩くための私の格好はちょっと…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

京都一周トレイル 第2回 ~比叡山へ~

7月5日の第1回に続き、第2回は銀閣寺道からスタート。比叡山から大原を目指します。 道は白川沿いに北上し、山中越えへの道を横切るとすぐにうっそうとした杉林の中に入り、ひたすら北東方向に比叡山を目指します。 途中、修学院からの有名な雲母坂(キララ坂)に合流、かつて比叡山の荒法師が駆け抜けた道です。 合流点にある「水飲対陣跡」の碑…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

京都一周トレイル 第1回

1月の記事に書いた今年の目標の一つ、京都一周トレイル。ようやく第1回として東山コースから歩き始めました。 京都一周トレイルは伏見稲荷から清水山、大文字山を経て銀閣寺道へ。北白川から比叡山を登り、大原、鞍馬、氷室、沢の池を経て高尾に出ます。さらに清滝、嵐山と歩いて上桂駅で終点となる約70kmのコースです。 出発点の伏見稲荷、有名な千本…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

御室八十八カ所霊場巡り

八十八カ所巡りといえば、四国八十八カ所霊場ですが、京都にもありました。 仁和寺の裏手、成就山に広がる御室八十八カ所は、江戸時代に誰でも簡単に参拝ができるようにと、四国霊場の砂を持ち帰り作られたものだそうです。 仁和寺の西門をでて100mほどで1番札所・霊山寺があります。八十八カ所のお堂はそれぞれ四国八十八カ所と同じ名前が付けられ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

琵琶湖疎水を歩く

4月上旬のある日、散り際の桜を愛でながら、琵琶湖から蹴上まで、琵琶湖疎水に沿って歩いてきました。 その昔、日本初の電車を走らせた水力発電を始め、工業用動力、琵琶湖と京都の水運など、京都の近代化に大いに貢献し、今も京都市民の95%が頼る水源です。 琵琶湖畔の取水口からしばらく歩くと三井寺のそばに観音開きのトンネル入り口があります。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more