かやぶきの里

週末、福知山にいく用事ができて、朝起きると快晴、それならと車で京北町、美山町あたりの山間部を走っていこうと思い立ちました。

若狭へと続く国道162号、周山街道を北へと向かいます。紅葉間近の高雄、栂尾、北山杉の美林を抜け、京北町を越えて美山町に入り、162号と別れ、由良川に沿って北東にしばらく走ると、山の麓にかやぶきの屋根がたくさん見えてきます。
画像


現在50戸中38戸がかやぶき屋根で、岐阜県白川村・福島県下郷村に次ぐ数だそうです。また集落をあげて、歴史的景観の保存にもつとめているそうです。
パノラマ写真にしてみました。
画像

昔なつかしいこんなポストもありました。
画像


美山町内でかやぶきの里の手前に「蓮如の滝」という看板を見かけ、寄ってみたところ、急な一枚岩の斜面を流れ落ちる70mくらいの滝?がありました。
画像

カメラを替えたのでスローシャッターで流れを撮ろうと期待したのですが・・・ちょっと効果を出すにはささやかな流れでしたね。紅葉シーズンにはそれなりに絵になりそうです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

celica
2008年10月20日 22:26
時の流れが止まった感じの集落ですね。
これはある意味、文化財的です。
鞍馬の峠を越えて大悲山方面に行く途中の妹背界隈にも、何となく似た光景があったように思います。