堀川の流れ、復活

堀川通りに流れていた堀川は、かつては運河として、また農業用水、西陣織の糸染めや友禅染など、重要な川であったのが、昭和38年頃に水源がたたれ、40年代には川床がコンクリートで固められてしまい、ただの水路跡となっていました。
平成12年頃からの堀川にせせらぎを復活させようという10年来の住民運動が実を結び、親水公園として整備され、3月29日に水の流れが復活しました。
この日の通水イベントは所用で見られませんでしたが、その前後で写真を撮ってきました。
画像

表に出ているのは今出川通の南、一条通りから御池通あたりまでですが、場所によって変化に富んでいます。
画像

一条戻り橋付近には工事中の水車もありました。
画像

この水は琵琶湖疎水の分流が哲学の道にそって北へ流れ、高野川、賀茂川をこえて紫明通、堀川通と地下を通ってきたものです。
画像

歩行者専用ですが、遠回りして歩くのもいい感じです。夜は街灯もなく、ちょっと物騒ですが・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

celica
2009年04月07日 22:02
琵琶湖疏水が蹴上から堀川まで来ているとは知りませんでした。一番上の写真など、枯山水に水が加わったような感覚です。