嵐電 桜のトンネル(撮影ポイント付き)

昨年に続いて二度目の嵐電・桜のトンネルです。
まずは宇多野よりのちょっとした高台の駐車場(A地点:青)からです。桜が夕日できれいに染まっています。
画像

次に鳴滝側に位置を変え、桜並木のとぎれるあたりの踏切(B地点:赤)からねらいました。
画像

桜は満開、このあとのライトアップに期待が高まります。
ところで、嵐電は3月25日で開業百周年、それを記念して新しい嵐電カラーが採用となりました。
画像

その名も「京紫」、やや赤みを帯びた紫で、ちなみに青みを帯びたものは江戸紫といいます。
画像

ヘッドライトも点灯し、いよいよライトアップの時間、7時前に点灯が始まりました。
画像

となりにいたおじさんの話では、一部の照明器具は廃業した比叡山のスキー場から転用したとか。
そこだけ水銀灯のため、写真にするとこんな色になってしまいました。ホワイトバランスの失敗もありますが・・・
画像

この時間帯の電車は「夜桜電車」として車内の照明も落とし、桜のトンネルをゆっくりと進みます。
この緑色の照明を避けたく、しばらくして別の地点(C地点:緑)に移動しました。両方向の写真が撮れて、ちょうどよいカーブもあって、もっともたくさんのカメラマンが集まるポイントです。
画像

昨年の撮影ポイント(D地点:黄)は宇多野側のカーブの出口。どこも線路ぎりぎりまで入って写真を撮らせてくれます。もちろん安全第一、係員がいてロープを張って安全を確保してのことです。
撮影ポイント(A地点~D地点)を地図にプロットしてみました。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

MI
2010年04月05日 23:15
日曜日の昼に嵐電にのりました!(^^)!乗ってるとあっという間に過ぎますね。写真撮ってる人たくさんいました。ミニ情報:広沢の池そばに佐野籐右衛門という(桜守)の方の庭の桜も見事ですよ!!
2010年04月05日 23:22
>MIさん
実は嵐電の前に大覚寺に行きました。その途中、人だかりのしている庭があって、見事な枝垂れ桜が満開でした。そこが佐野藤右衛門さんの庭だったんですね。奥の方には実にたくさんの品種があって、まだ蕾だったけど、どんな花が咲くのかまた見に行きたくなりました。
celica
2010年04月06日 23:01
いい感じです。桜と嵐電。
京紫とは高貴な香りのする色合いで、京都ならではの配色ですね。阪急のマルーンとも違って和風です。
donbe
2010年04月07日 15:13
紫芋のアンコの色だ♪